ミノキシジルとフィナステリド

あなたは。俗にいう「ハゲ」という言葉に反応しますか?
少しでも反応した方は、是非当サイトをご覧下さい。

日本人の薄毛の原因で最も多いのが男性型脱毛症(AGA)というものです。
AGAという言葉を何となく聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。主に男性ホルモンや遺伝が原因となる脱毛症です。
生え際が後退していき、おでこが徐々に広くなるタイプがこの男性型脱毛症です。

治療方法として最も有名なのは頭に塗るタイプの『ミノキシジル』という医薬品です。
日本ではリアップ、日本以外ではロゲインという商品名で有名です。
昔ながらの毛生え薬のイメージは、頭に液体を塗ってブラシでトントンしたり指先でマッサージしたりといったイメージがあると思いますが、このミノキシジルはそうしたことは一切必要ありません。
頭に薄く塗り自然に乾くのを待つだけです。

頭に塗ることで頭皮の毛細血管を拡張し、毛根に栄養が流れることを補助する作用を持っています。
このミノキシジルは日本皮膚科学会において、AGAに最も効果のある医薬品に位置付けられていることからも、その効果は折り紙つきと言えます。

他にもミノキシジルと同様に日本皮膚科学会に認められている医薬品に、『フィナステリド』という成分があります。
フィナステリドは知らなくてもプロペシアという名称で聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
プロペシアという飲み薬の主成分がフィナステリドで、このフィナステリドは薄毛の原因となる男性ホルモンを阻害する効果を持っています。

プロペシアは薄毛の方々には非常に有名な医薬品で、ジェネリック医薬品も多数存在しています。
中でも有名なのはシプラ社が開発したフィンペシアという薬で、非常に安いことで人気を博している薬です。
ロゲインとプロペシアは同時期に使用すると互いに良い影響を与え合い、より一層高い効果を発揮すると言われています。

もしもあなたが薄毛や脱毛をコンプレックスに感じているのではあれば、ロゲインとプロペシアかフィンペシアを利用してみてはいかがでしょうか。
ロゲインは頭皮に塗るだけ、プロペシア・フィンペシアは服用するだけと、難しいことや特別なことをすることは一切ありませんので、気軽にスタートしてみるとよいでしょう。