ミノキシジルとフィナステリドの有効性

ミノキシジルとフィナステリドの有効性

「ハゲ」という単語を聞くと、一瞬心の中でドキッとする人も現代の日本ではたくさんいらっしゃると思います。
一概にハゲと言っても種類はいくつかあり、日本人の薄毛の原因で最も多いのが男性型脱毛症(AGA)というものです。
AGAという言葉を何となく聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
主に男性ホルモンや遺伝が原因となる脱毛症で、生え際が後退していき、おでこが徐々に広くなるタイプがこの男性型脱毛症です。

治療方法として最も有名なのは『ミノキシジル』という有効成分が入っている医薬品です。
日本ではリアップ、海外ではロゲインという商品名で有名です。
昔ながらの毛生え薬のイメージは、頭に液体を塗ってブラシでトントンしたり指先でマッサージしたりといったイメージがあると思いますが、このミノキシジルはお薬を塗布した後にそうしたことをする必要がありません。
頭に薄く塗布した後は、自然に乾くのを待つだけです。
頭に塗ることで頭皮の毛細血管を拡張し、毛根に栄養が流れることを補助する作用を持っています。

日本皮膚科学会

このミノキシジルは日本皮膚科学会において、AGAに最も効果のある医薬品に位置付けられていることからも、その効果は折り紙つきと言えます。

他にもミノキシジルと同様に日本皮膚科学会に認められているのが『フィナステリド』という有効成分です。

フィナステリドという言葉は知らなくてもプロペシアという名称の医薬品を聞いたことがある人は結構いらっしゃると思います。
プロペシアは経口薬で、薄毛の原因となる男性ホルモンを阻害する効果を持っています。
プロペシアは薄毛で悩む方々に対して非常に有効な治療薬で、世界の製薬会社からジェネリック医薬品が開発されています。
ジェネリック医薬品の中でも有名なのはシプラ社が開発したフィンペシアというお薬で、成分と効果はそのままに、価格が驚くほど安くなっている事で人気を集めています。

そんなと、外用薬ロゲインと内服薬プロペシアは同時期に使用すると互いに良い影響を与え合い、より一層高い効果を発揮すると言われています。
実際に専門のクリニックに行った場合も併用することを進められる場合があると聞きます。
もし今現在、AGAによる薄毛に悩んでいる人がいるとしたら、ミノキシジルやフィナステリドを有効成分として含んでいる医薬品の服用はとてもおすすめです。

専門クリニックは医師との相談を設けれるのがとても良いのですが、通院の手間と通院費用を考えると中々難しい所もあります。
特に継続が必須なAGA治療においては毎回の通院などは非常に負担となりやすく、ただでさえ安くない薬と合わせると抑えたいコストではあります。
その点個人輸入での購入は手間がかからず、また治療薬の費用もクリニックでの処方よりも安いことが多いです。
所謂箱買いのような一括購入であれば割引してくれるお店などもあり、長期での使用を視野に入れた購入であれば使っていきたい方法です。
他にもジェネリック医薬品なども豊富で、普段使いの薬を安価で購入出来ることも可能なのですので上手く利用すると、生活の掛かる費用の削減も狙えるかもしれません。
ミノキシジルタブレットに限らず状況に合わせて上手く使っていくと非常に便利な選択肢の一つだと思いますので、個人輸入代理店を是非利用してみてください。

プロペシア使用の注意点

プロペシア使用の注意点

先述で説明したプロペシアについてですが、もちろん正しく服用することで効果を発揮します。
そのため服用する際には正しい使用方法などを把握し服用する事がとても大切です。

プロペシアは男性型脱毛症においての原因物質であるジヒドロテストステロンを抑制します。
発毛剤や育毛剤と合わせて使っていくことで毛髪環境をより改善する効果を期待でき、治療には欠かせない治療薬の一つです。
治療は継続が大事ですので長期に渡って服用をしていくこととなるのですが、その際には薬との相性や正しい使い方をしておかなければいけません。
どんな薬にも副作用というものは存在し、その付き合い方を間違えると健康被害や思わぬ事故を巻き起こす可能性も否めません。
使用の際には服用方法の確認や医師との相談を設け、安全に使っていきましょう。

プロペシアの副作用において重大なものは殆どありませんが、肝臓に異常がある方は服用を控えたほうが良いようです。
極稀に肝機能障害を起こす可能性があり、大きな負担と成り得るので不安な方は使用を避けたほうが良いでしょう。
少なくとも医師と相談してから服用するかを決めないと何かあった時に対処が遅れてしまうことになります。
男性型脱毛症の原因であるジヒドロテストステロンは成長途中の男子にとっては男性器生成に必要なものです。
成長を終えた後には脱毛症や前立腺肥大、ニキビなどの症状で悩まされるものになるのですが、成長期には必要なものですのでそのジヒドロテストステロンを抑制するプロペシアを成長期に服用すると発達に異常を来すかもしれません。
そのため未成年はこの薬の服用はできません。
仮に若ハゲに悩まされていたとしても、別の治療法をするために医師との相談をするように致しましょう。

服用中は献血をしてはいけません

また、この薬の服用中は献血をしてはいけません。
プロペシアの成分フィナステリドは女性への安全性が確保されていません。
特に男児を妊娠している際には男性器の生成に及ぼす効果が胎児に悪影響を与える恐れがありますので、何かの際に献血することになったら問題となります。

即ち当然女性が服用することも避けなければなりません。

成分として有用であるからこそ気を付けなければならないことが多いというのは珍しくありません。
どんなものでも間違った使い方や良くない使い方は存在し、それは健康被害などの結果として出てきてしまいます。
他にも別の治療薬を使っているのならば組み合わせとして良くないものもあるかもしれません。
持病などをお持ちの方は事前に意思と十分に相談を設けましょう。
使用の際には用量用法をしっかり守り、本来の効果をしっかりと享受する事が大事です。

プミノキシジルタブレット入手方法

AGA治療に高い効果を持つ治療薬として世界的に人気が高いのがミノキシジルタブレットです。
よくある育毛剤の効果ではなく発毛効果を期待できる治療薬なのも人気の理由です。
しかし残念ながら日本では販売されておらず、入手は海外から輸入になります。
専門クリニックで処方してくれる所も存在しますが数は少なく、そもそも専門クリニックが近所に無いという方も多いはずです。
そうなってくると個人輸入代理店を利用することになります。

個人輸入代理店は文字通り個人での輸入を代理して行ってくれるお店です。
本来海外からの輸入には手続きなどいくつか手順が必要ですが、その手間を代行してくれるのが個人輸入代理店です。
普通のネット通販と変わらない手順で購入が可能となっており、お手軽で手間もかかりません。
海外医薬品が欲しい際には現在では非常に簡単な入手が可能となりました。

商品を購入する際に気を付けなければならないのが偽物などの類似品の存在です。
人気がある商品ほど偽物というのは出やすく、特に人気の高いミノキシジルタブレットのような薬は多くの偽物が存在します。
治療に高い効果を期待して入手したのに副作用ばかり出る変な商品を掴まされては何のための薬かわかりません。
そのため信頼のおけるお店選びが重要です。

スマートフォン

そのためにハードルの高かった個人輸入代理店の利用ですが、近年では実績のある大手のお店も増えたことからお店選びも難しくなく簡単に利用することができます。
口コミ情報なども豊富に揃っていたりしますので、利用する際には事前に調べる情報の一つとして活用してみると良いでしょう。

専門クリニックは医師との相談を設けれるのがとても良いのですが、通院の手間と通院費用を考えると中々難しい所もあります。
特に継続が必須なAGA治療においては毎回の通院などは非常に負担となりやすく、ただでさえ安くない薬と合わせると抑えたいコストではあります。

その点個人輸入での購入は手間がかからず、また治療薬の費用もクリニックでの処方よりも安いことが多いです。
所謂箱買いのような一括購入であれば割引してくれるお店などもあり、長期での使用を視野に入れた購入であれば使っていきたい方法です。
他にもジェネリック医薬品なども豊富で、普段使いの薬を安価で購入出来ることも可能なのですので上手く利用すると、生活の掛かる費用の削減も狙えるかもしれません。
ミノキシジルタブレットに限らず状況に合わせて上手く使っていくと非常に便利な選択肢の一つだと思いますので、個人輸入代理店を是非利用してみてください。