悩めるAGA男子

女性のAGA症状「FAGA」とは

女性のAGAについて説明する医者

男性型脱毛症であるAGA。

ということは女性にはAGAがないということなのでしょうか。

AGAは男性ホルモンによって起こる症状ですから、女性は関係ないと思いがちですが、実は女性にもAGAの症状が出ることはあります。

男性に比べると少ないですが、女性の体内にも男性ホルモンは存在します。

そのため男性と同じく、ジヒドロテストステロンが生成されてそこからAGAを引き起こすというメカニズムはまったく同じなのです。

女性の場合はAGAという呼び方ではなく、「FAGA」と呼ばれています。

日本語にすると「女性男性型脱毛症」です。

AGAのように、男性ホルモンであるテストステロンがジヒドロテストステロンに変化して引き起こすというメカニズムは同じですが、女性の場合は女性ホルモンであるエストロゲンが毛髪を育てる働きがあります。

このエストロゲンの効果によって、FAGAはAGAの症状とは少し異なります。

厳密にいうと、抜け毛のパターンが違うのです。

AGAの場合は頭頂部や前頭部など、局地的に薄くなってくるのが大きな特徴です。

しかしFAGAの場合は、頭髪が細く弱くなり全体的に薄くなっていくのが特徴です。

通常、AGAは進行性なので徐々に毛髪が抜け落ちていくのですが、FAGAの場合は毛髪が抜けて薄毛が進行するということは少なくなっています。

これは女性ホルモンのエストロゲンの毛髪を育てる効果によって、進行を食い止めているのです。

女性のAGAについて考える女性

女性ホルモンは年齢を重ねるごとに、分泌量が減少してしまいます。

減少するタイミングには個人差がありますが、早い場合は30代半ばから減少し始めていきます。

女性ホルモンの分泌量が減ってしまうと、男性ホルモンの影響が大きくなり、FAGAが発症しやすくなります。

もちろん、AGAの原因と同じく日々のストレスや、過度なダイエットをすることでもFAGAが発症することがあるようです。

FAGAになってしまったとき、どのような対処法をおこなえばいいのでしょうか。

女性の場合は、AGAに有効なフィナステリドが含まれる薬を使用することはできません。

つまりFAGAになってしまった女性は、薬ではない別の方法で対策をすることが必要になります。

女性の場合はホルモンバランスを改善させることが最善の方法だと考えられます。

たとえば、髪の成長を促すために必要なタンパク質や亜鉛、ビタミンA、B群、C、Eなどの栄養素を普段の食事の中に積極的に取り入れていきましょう。

もちろん、AGAの原因となる生活習慣の改善も大事です。

喫煙やアルコールの過剰摂取、ストレスを溜めない生活などもFAGAの対策としては有効です。