悩めるAGA男子

自宅で治療するなら治療薬を使ってみよう!

家にいながらAGAを治療する男性

自宅にいながらAGA治療をしたい。

そういう場合に便利なのがAGA治療薬です。

AGAは放置すればするほど徐々に薄毛が進行していくという厄介な症状です。

そのためAGAに気づいたら、できるだけ早めにAGA治療をしなければいけません。

もしかしたらAGAになってるかもしれない……!そう思った時には病院やクリニックといった場所に行くのが一番いいのですが、なかなか頻繁に足を運ぶことができない方も多いと思います。

しかし、AGA治療薬を利用して自宅で治療をすれば、それほど頻繁に足を運ぶ必要もありません。

AGA治療薬には内服薬と外用薬があります。

どちらを利用しても基本的には問題はありませんが、髪の毛がどんな状態になっているのかによって利用するべき治療薬の種類も変わってきます。

たとえばAGAの症状がまだ軽度である場合は、フィナステリドという有効成分が入ったAGA治療薬を使用することがオススメです。

進行し始めた直後だと、まだ髪の毛がたくさんある状態だと思います。

発毛よりも抜け毛を防ぐことを考えましょう。

その際にフィナステリドは非常に効果的です。

有効成分フィナステリドが含まれる医薬品はプロペシアやフィンペシアといったものです。

フィナステリドには抜け毛を予防する効果があります。

ある程度AGAが進行してしまった男性の頭

ある程度AGAが進行してしまっている場合は、フィナステリドと外用薬であるミノキシジルを併用して使うことがおすすめです。

フィナステリドの成分でAGAの進行をくい止めつつ、ミノキシジルの効果で発毛効果を促進させることができます。

ミノキシジルには外用薬だけではなく内服薬もあります。

内服薬の方が効果も高いとされているのですが、そのぶん副作用のリスクも大きいと言われています。

もし副作用が気になるようであれば内服薬ではなく、外用薬のミノキシジルを利用する方がいいでしょう。

ちなみに、有効成分ミノキシジルを含む外用薬として、日本で有名なものに「リアップ」があります。

ドラッグストアなどでもリアップは購入できますが、値段が高めですし、他のミノキシジル製品と比較すると有効成分の配合量が少ないので、ミノキシジルの効果があまり実感できないという可能性もあります。

そういった場合は、海外の製品を使ってみるのもいいでしょう。

海外製品には「ロゲイン」や「ポラリス」など色々なものがあります。

ただ海外の医薬品は効果が強いぶん副作用も強く感じてしまうという可能性も高いので、その点に関しては注意が必要でしょう。