薬以外の薄毛改善

薬以外の薄毛改善

薄毛を目立たなくする方法の一つとして植毛やカツラという方法があります。
技術の進歩により本物と見分けがつかないようなカツラができていたり、ロボットによる正確で安全な植毛が出来たりと、こちらの方法でも薄毛への高い治療効果を望めます。
治療薬を利用しての治療と比べて即効性があるのがこの2つの方法のメリットといえます。
継続的な利用を要しないため、やろうと思ったら短期間で実行できる点が優れていると思います。

しかしもちろんデメリットもあり、治療法として比較するのであれば考えていかなければいけない問題があります。
まずカツラですが、作成しても耐用年数というものがありおよそ2年から3年程度で作りなおさなければなりません。
耐久性の高いタイプの物も存在しますが、毎日使用していくと劣化していくのは道具の常であります。
また何かあってカツラを傷つけた、紛失してしてしまった際のことを考えるとスペアも必須です。
そう考えると作成に2、30万ほどかかるカツラは経費として安くなく、いざという時に人目についてしまう危険性も加味すると中々生活が大変になりやすくなるのかもしれません。
また、頭皮にかぶり続けるため通気性を悪くし、自分の本来の髪の毛のためにはあまり良くないとされていることも確かです。

植毛に関しては安全性と技術の向上により、かなり品質の高い治療が行えるようになりました。
長く続ける治療に比べ短期間での治療も出来、自分の毛を利用するため自然で違和感のない仕上がりが可能です。
精密な動作が出来るロボットを利用しているのでミスなども無く、とても信頼できる治療法の一つです。
問題点を上げるならばその際の費用でしょう。
手術ですので他の治療法に比べると遥かにコストがかかり、思い立つのが難しいというのが非常にネックです。
部分的な治療でも数十万、頭皮全体では100万から200万程かかってきます。
ハゲが進行している部分だけの手術であればそこまでかからないかもしれませんが、AGA自体を治療している方法ではないためAGA進行により他の部分もハゲてくればまたそこも手術するようになるかもしれません。
結局100万以上の出費は考えていかなければならないとすると、経済面の負担が大きく人によっては手が出ないと思います。

薄毛治療は様々な方法がありますのでその人に合った方法を選ぶことが大事です。
どの方法でもメリット・デメリットは事前に考えて利用していかなければなりません。
治療を行うにしても何が良くて何が悪いのか、また自分との相性はどうかということを考えて、ご自身の負担になりにくいものを選んで快適な治療を目指してみてください。