悩めるAGA男子

ヘアドライヤーで頭皮環境は変わる!

プラズマクラスタードライヤー

シャンプーを行って頭を綺麗に洗った後、多くの男性はタオルで頭を拭くタオルドライと呼ばれる方法で、頭の水分を飛ばします。

このタオルドライというのは非常に心地よいもので、ふわふわとした手触りのタオルで頭をこすっていると、なんだか童心に帰ったような気持ちになる……なんていう人もいますが、実はAGA治療を行う際にはこのタオルドライだけではいけないのです。

というのも、タオルドライというのは頭皮の水分を綺麗に飛ばすことができないのです。

そのため、タオルドライしか行っていない頭皮というのは、取りきれなかった水分が多量に付着し、湿気が多い状態……つまり、様々な菌が繁殖しやすい状態になっているのです。

このような状態で放置していると、頭皮に存在してるような常在菌と呼ばれる菌が増殖してしまい、その結果フケや痒みが現れてしまうのです。

さらに、シャンプーを行った後も皮脂は幾らか頭皮に残っています。

皮脂はシャンプー後に頭皮に残った水分と混ざり合い、自然乾燥する最中に毛穴に入り込み、毛穴をつまらせてしまう可能性があるのです。

そのため、シャンプーを行った後はしっかりとドライヤーを使用して頭皮を乾燥させてあげる必要があります。

ドライヤーを使用して髪を乾かす際、人によっては過剰なまでに熱い空気を使用して乾燥させようとする人がいますが、そこまで温度を高くせずともしっかりと乾かすことはできるので、適度な温風でしっかりと頭皮を乾かしてあげるようにしましょう。

また、頭皮を乾かす際に使用するドライヤーですが、一節ではプラズマクラスタードライヤーと呼ばれる製品を使用すると、通常のドライヤーを使用した時よりも強い育毛効果があらわれる、という研究結果があります。

この研究結果が本当にあるのかどうかは疑わしい、と答える人も一定数いますが、少なくともプラズマクラスタードライヤーと呼ばれるものを使用した場合、髪の保湿効果などは高いという研究結果が出ており、その保湿作用によって髪が成長しやすい状態になっている可能性もあります。

そのため、もし髪を乾かす際に通常のドライヤーよりも育毛効果のあるものを使用したい、という風に思っているのであれば、プラズマクラスタードライヤーを使用してみると良いかもしれません。

製品によっては非常に安価に販売されている物もあれば、あまり手軽には購入できないような価格帯の製品もあるので、自分が購入できる価格帯の製品から購入し、実際に効果を確かめながら、使用するものをステップアップしていくようにしましょう。