悩めるAGA男子

ストレスが原因になる

ストレスを感じている男

AGAにはあらゆる原因が考えられます。

AGAになっている人の中には「ストレス」によってAGAを発症させてしまっている方もたくさんいます。

実はAGAはストレスとの関係性が非常に強いので、ストレスを感じている人はAGAになりやすい、ということがいえるでしょう。

ストレスは人間関係や家庭の事情、仕事などさまざまなことが原因で感じることがありますよね。

しかし、そのままストレスを溜め込んでしまっては、髪の毛にとってよくない結果を招いてしまうので、発散することが大事です。

ストレスとAGAはどのように関係するのかについて考えてみましょう。

基本的に、髪の毛は血行が悪くなってしまうと、毛乳頭が発毛するために必要な栄養を摂ることができなくなってしまいます。

血行が悪くなる原因というのは色々なことが考えられます。

たとえば、紫外線を浴びすぎることによっても血行は悪くなります。

実は頭皮にとって紫外線は天敵であり、紫外線を受け続けると肌の奥底に届いてしまい、そこからコラーゲンを変質させて老化を促すことになるのです。

こうなってしまうと頭皮は硬化してしまい、結果的に薄毛に繋がります。

治療をすすめる医者

血行不良はストレスによっても引き起こされると考えられています。

本来、人間には交感神経と副交感神経と呼ばれるものが存在しますが、このふたつのバランスが取れている状態が理想的な状態とされています。

しかし、ストレスを日々感じ続けることによって交感神経が活発になり、バランスを保てなくなり、それが血流に影響します。

その結果、髪の毛の発毛が妨害されてしまうのです。

また自律神経の働きが乱れることで、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

ホルモンバランスが乱れてしまうと、病気にかかりやすい状態になったり、身体が不調であることを訴えます。もちろん、髪の発育や成長に対しても悪影響を及ぼします。

AGAなどの薄毛の症状を発症させないようにするためにも、できるかぎりストレスは溜め込まないようにしなければいけません。

うまくストレスと向き合い、適度に解消することを心がけていきましょう。

そうすればストレスによってAGAを引き起こすようなことにはならないでしょう。

また、仮に薄毛になり始めていたとしても、それを気にしすぎることでさらにストレスを作ってしまいます。

薄毛になたかもしれないと、気づいた段階で治療を開始するようにすることでそういった心配をする必要はなくなります。

また、AGAの治療は時期が早ければ早いほど改善させやすくなるので、そういった点からも治療は早めにすることが望ましいのです。