悩めるAGA男子

タバコがAGAを促進している!?

喫煙する男

AGAを引き起こす原因はたくさんありますが、その中のひとつに喫煙があげられます。

では具体的に喫煙がどのように髪の毛に影響してくるのかを紹介していきましょう。

タバコは昔から百害あって一利なしと呼ばれているものですが、それはまさにその通りです。

タバコは体内にある活性酸素を増加させて、体の老化を早めてしまいます。

喫煙者の場合、非喫煙者と比べて脳梗塞や肺がん、心筋梗塞などの病気にかかるリスクがかなり高くなってしまいます。

ではタバコが頭皮の血流を悪くするメカニズムとはどのようなものなのでしょうか。

タバコにはニコチンと呼ばれる成分が含まれており、このニコチンが体内に入ることで毛細血管が収縮します。

毛細血管は全身のあらゆる場所に対して血液を送るものなので、それが収縮するということはもちろん血流の減少につながってしまいます。

つまり髪の毛に必要な栄養素が届きにくくなるわけです。

毛細血管が収縮すると酸素も送ることができなくなってしまうので、髪の毛の毛母細胞の活躍を阻害してしまいます。

血流が悪くなれば、毛髪の育成や抜け毛にも大きく悪影響を及ぼしてしまうのです。

禁煙の重要性を指摘する医者

しかもニコチンという成分は厄介なことに、中毒性があります。

そのため、タバコを吸うことが「体に良くないこと」とわかっていても、自分の意思でピタッとやめてしまうことは難しいのです。

これからAGAに関して気をつけていきたいという喫煙者の方は、まず禁煙することが最優先です。

体内にニコチンを入れないようにすることが大事ですが、ただ「禁煙」と言葉でいうことは簡単でも、実際に禁煙することは難しいですよね。

無理やり禁煙することはストレスを溜めることにつながってしまいます。

ストレスもAGAの原因になりうるものなので、禁煙をする場合は自分のペースで禁煙するよう心がけましょう。

せっかく頑張って禁煙しても、吸えないストレスによってAGAを引き起こしてしまうのであればまったく意味がなくなります。

禁煙は自分の意思だけではどうしても難しくなると思いますので、どうしても我慢できないなと思ったら禁煙外来を受診するようにし、ニコチンガムやニコチンパッチをもらって緩和するようにしましょう。

そして万が一欲に負けてしまい1本吸ってしまったとしても、それに対して罪悪感を感じないようにしてください。

罪悪感からストレスに繋がる可能性もあるので、またそこから禁煙を改めて始めればそれでOKです。