悩めるAGA男子

睡眠不足とAGA

睡眠不足で眠ってしまいそうな男

AGAの症状を発症させる原因として、実は睡眠不足も大きなポイントとなります。

もしAGAを発症させてしまっているなら、それは睡眠不足が影響しているかもしれません。

実はAGAと睡眠不足には関係があるのです!

基本的なことではありますが、睡眠不足というのは我々人間の体にいろんな悪影響を及ぼしてしまいます。

全身の健康被害はもちろん、髪の毛に対しても悪影響を及ぼすのです。

たとえば、睡眠不足になると風邪を引きやすくなるという話を聞いたことはありませんか?

これは、睡眠不足によって免疫細胞がうまく働くことができなくなってしまうためです。

免疫細胞が活動できないと、風邪だけでなくいろんな病気にかかりやすくなります。

貧血なんかも睡眠不足が影響するといわれていますし、重い病気や疾病として、糖尿病やがんの発症率を高めるとも言われています。

睡眠不足はあらゆる病気のもとになってしまうのですが、これが髪の毛に対してどのように影響するのでしょうか。

睡眠不足とAGAの関係を指摘する医者

まず、睡眠不足によって成長ホルモンが分泌されづらくなってしまいます。

髪の毛を成長させるために必要な成長ホルモンは、睡眠しているときに分泌されます。

また22時から2時まで(いわゆる睡眠のゴールデンタイム)は成長ホルモンが活発に分泌されやすい時間帯になるので、この時間帯に熟睡していることが髪の毛に対して一番健康的なのです。

また、「睡眠」という行為自体には体をメンテナンスする能力があります。

成長ホルモンにも体のメンテナンス能力はありますが、睡眠不足になってしまうと成長ホルモンが少なくなってしまうので、じゅうぶんに体のメンテナンスをすることができません。

そうなってしまうと特に体の重要な部分に対してのみしか効果を発揮することができなくなってしまうので、髪の毛のように末端の部分に対してはどうしても後回しになってしまうのです。

また、睡眠不足という状態が続いてしまうと、結果としてそれはストレスにつながってしまいます。

ストレスが溜まり続けてしまうと血流が悪化することになるので、必要な栄養素が行き渡らなくなるわけです。

つまり、結果として睡眠不足がAGAにつながってしまうのです。

このように睡眠不足は髪の毛の発育に対して悪影響を及ぼします。

睡眠不足を解消することでも、いくぶんかAGAの発症を抑えることができます。

AGAにならないための予防として、夜になったら眠るようにすることを心がけて生活することが非常に大切です。