悩めるAGA男子

両親からAGAが遺伝してしまうことも…

家族

AGAは日頃の生活習慣などによって起こりやすくなりますが、実は根本的に遺伝によってAGAになってしまうという人がいます。

つまり、AGAは遺伝している人ほど発症しやすい体質となっているので、遺伝ひとつで個人差が大きく出てしまいます。

では、AGAと遺伝の関係性について見ていきましょう。

AGAは両親から子供へと遺伝することがあります。

AGAが遺伝するのは、もちろん両親の遺伝子が関係しています。

両親の遺伝子にAGAになりやすい遺伝子が存在している場合、その遺伝子が遺伝される可能性が十分にあるといえるでしょう。

AGAになりやすい遺伝子は大きく分けてふたつ存在します。

そのひとつが「アンドロゲン受容体が敏感な遺伝子」です。

AGAはジヒドロテストステロンという男性ホルモンによりヘアサイクルが狂ってしまい、そこから薄毛が目立つようになります。

ジヒドロテストステロンは毛乳頭細胞に存在するアンドロゲン受容体に結合することで髪の毛が生成されるのを抑え込んでしまいます。

そのためアンドロゲン受容体が敏感な状態だとAGAを発症させやすくなるのです。

遺伝とAGAについて指摘する医者

また、もうひとつのタイプが「5αリダクターゼの活性度が高い遺伝子」になります。

ジヒドロテストステロンが生成される際には、頭皮に存在する5αリダクターゼという酵素と結びつくことがきっかけになります。

この5αリダクターゼの活性度が高い人は、ジヒドロテストステロンが生まれやすいのでAGAになりやすいということが考えられます。

アンドロゲン受容体が敏感な遺伝子は、両親の中でも特に母親の遺伝子が影響すると言われています。

髪の毛の遺伝といえば父親の遺伝子が影響力を持っていると感じると思いますが、実は母親の遺伝子が重要なのです。

アンドロゲン受容体が遺伝されるのは母親からになるので、たとえ母親が薄毛じゃなくても敏感なアンドロゲン受容体の遺伝子が遺伝してしまうと、AGAになりやすい体質になってしまうのです。

5αリダクターゼの活性度が高い遺伝子は、両親のどちらからも遺伝します。

両親のどちらか一方でも活性度の高い遺伝子を持っている場合は遺伝するので、そこからAGAが遺伝する可能性はかなり高いといえます。

しかし、遺伝だから仕方ない……という風に諦めないでください。

確かに、他に原因として思い当たる節がない場合はどうしようもなく感じてしまうかもしれません。

たとえ遺伝でAGAの影響が出てしまったとしても、治療薬を利用したり、病院で治療したりすることで対策を講じることは可能です。

遺伝による影響もAGAには大きく関係しますが、あまり心配する必要はありません。