悩めるAGA男子

ヘアケアも方法によってはAGAの原因に…

ヘアケアを行う男

男性も女性も普段いろんなケアを普段からおこなっているかと思います。

特に薄毛を気にしている人ほど、ヘアケアは日々欠かさずにやっているでしょう。

ヘアケアをすることはもちろん髪の毛を健康的な状態に維持する上ではすごく重要な要素になります。

そのため、間違った方法で行ってしまうと逆に髪の状態も不健康になってしまうのです。

具体的にどんなやり方が間違っているのか、髪を洗う際によくある間違い方をいくつか紹介していきましょう。

よくやってしまいがちなのが、女性向けのシャンプーを使うことです。

シャンプーには女性向けのものと男性向けのものがありますが、なんとなく女性向けのシャンプーが家にあるから使っているという方も多いのではないでしょうか。

男性と女性では頭皮や髪質がまったく異なります。

シャンプーに女性向けのものと男性向けのものがあるのは、それぞれの性別ごとに適した商品となっているからです。

つまり、男性なら男性向けのシャンプーを、女性は女性向けのシャンプーを使うことが基本中の基本です。

シャンプーで髪を洗う男

次に、髪の毛を軽くシャワーで濡らしてからすぐにシャンプーを使わないようにするという方も多いと思いますが、これも間違った方法のひとつです。

シャンプーの洗浄効果というのは非常に強力です。

そのため、長時間シャンプーで髪を洗うと、髪の状態を傷つけてしまうのです。

髪の毛に付着した汚れの大半は、お湯だけでもある程度落とすことができます。いわゆる予洗いをしっかり行うことで、シャンプーの時間を大幅に削減できます。

特に、ワックスやスプレーなどを使う人はその成分をお湯でしっかり洗い流してから、シャンプーすることを心がけましょう。

これだけでも髪の毛に与える負担が大幅に減少します。

またシャンプーをする際に入念にゴシゴシと頭をかく人がいますが、これも間違った洗い方です。

汚れを落とすために力強くこすらないといけない......そう思っている方も多いと思いますが、あまりに力を入れてゴシゴシあらってしまうと頭皮を傷つけてしまいます。

髪の毛にも悪い影響が出てしまうので、頭皮をマッサージするような感じで洗うことが大事です。

誰もが毎日のように行う洗髪の中にも、AGAなどの薄毛の症状に繋がってしまうことがあります。これは意外な落とし穴かもしれません。

しかし逆に考えれば、毎日の洗髪も正しい方法で行うことができれば、素晴らしいヘアケアとなるので、意識して改善していくことをオススメします。