悩めるAGA男子

AGA治療薬の違いについて学ぼう!

AGA治療薬の違いを解説する医者

AGA治療に使用するAGA治療薬ですが、この治療薬には様々な製品が存在しています。

なので、治療薬選びをする際には何を使用しようか、どの製品を買おうかというのを迷うこともあると思います。

その際、覚えておくと便利なものにAGA治療薬の成分、そして効き方があります。

これらを覚えておくと、治療薬選びの際により自分にあったものを選べるようになります。

まず最も有名な成分であるミノキシジルです。

このミノキシジルという成分は、元々AGA治療に使用されている成分ではなく、高血圧の治療に使用されている降圧剤に含まれていた成分です。

そのため、このミノキシジルを使用すると身体の血管が拡張し、身体の隅々まで血が流れやすくなります。

その結果、髪に対してきちんと養分が行き渡るようになり、髪がまた生えてくるようになるのです。

ですが、このミノキシジルというのはAGAの原因である男性ホルモンに対して何かしらの影響を与えるわけではないので、ミノキシジルはこれから抜け毛を作らないのではなく、既に抜けて薄くなった場所に対して効果が強いと言われています。

そして、次はフィナステリドです。

このフィナステリドはAGAの原因である男性ホルモンが生成されるのを阻害する効果のある医薬品で、AGAの進行をストップさせ、今まで抜けていた髪が再び生える環境を作り出す効果があります。

ですが、ミノキシジルのように既に抜けている部分に対しての育毛効果は低くなっています。

なので、フィナステリドを使用しながら育毛効果を求める人は、ミノキシジルとフィナステリドの同時使用を行っている人もいるのです。

そしてデュタステリドですが、これはフィナステリドと同じようにAGAの原因である男性ホルモンが生成されるのを阻害する作用があります。

ですが、デュタステリドとフィナステリドでは阻害させる物質が異なっているという特徴があり、フィナステリドでは2型と呼ばれる成分を阻害、デュタステリドは1型も2型も、どちらに対しても作用するという、非常に強力な作用があるのです。

そのため、このデュタステリドは言い方を変えると、フィナステリドをより強力にしたものと言えるのです。

また、フィナステリドを使用してAGA治療を行った人よりも、デュタステリドを使用してAGA治療を行った人のほうが治療後の髪の増加量が多い、という結果が出ています。

そのため、もしAGAを治療しながら育毛も行ないたい、という風に思っている人は、こちらのデュタステリドを使用したAGA治療を行うと良い、と言われています。