悩めるAGA男子

ミノキシジルとフィナステリドの有効性

ミノキシジルとフィナステリドの有効性を解説する医者

「ハゲ」という単語を聞くと、一瞬心の中でドキッとする人も現代の日本ではたくさんいらっしゃると思います。

一概にハゲと言っても種類はいくつかあり、日本人の薄毛の原因で最も多いのが男性型脱毛症(AGA)というものです。

AGAという言葉を何となく聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

主に男性ホルモンや遺伝が原因となる脱毛症で、生え際が後退していき、おでこが徐々に広くなるタイプがこの男性型脱毛症です。

治療方法として最も有名なのは『ミノキシジル』という有効成分が入っている医薬品です。

日本ではリアップ、海外ではロゲインという商品名で有名です。

昔ながらの毛生え薬のイメージは、頭に液体を塗ってブラシでトントンしたり指先でマッサージしたりといったイメージがあると思いますが、このミノキシジルはお薬を塗布した後にそうしたことをする必要がありません。

頭に薄く塗布した後は、自然に乾くのを待つだけです。

頭に塗ることで頭皮の毛細血管を拡張し、毛根に栄養が流れることを補助する作用を持っています。

このミノキシジルは日本皮膚科学会において、AGAに最も効果のある医薬品に位置付けられていることからも、その効果は折り紙つきと言えます。

他にもミノキシジルと同様に日本皮膚科学会に認められているのが『フィナステリド』という有効成分です。

フィナステリドという言葉は知らなくてもプロペシアという名称の医薬品を聞いたことがある人は結構いらっしゃると思います。

プロペシアは経口薬で、薄毛の原因となる男性ホルモンを阻害する効果を持っています。

プロペシアは薄毛で悩む方々に対して非常に有効な治療薬で、世界の製薬会社からジェネリック医薬品が開発されています。

ジェネリック医薬品の中でも有名なのはシプラ社が開発したフィンペシアというお薬で、成分と効果はそのままに、価格が驚くほど安くなっている事で人気を集めています。

そんなと、外用薬ロゲインと内服薬プロペシアは同時期に使用すると互いに良い影響を与え合い、より一層高い効果を発揮すると言われています。

実際に専門のクリニックに行った場合も併用することを進められる場合があると聞きます。

もし今現在、AGAによる薄毛に悩んでいる人がいるとしたら、ミノキシジルやフィナステリドを有効成分として含んでいる医薬品の服用はとてもおすすめです。

専門クリニックは医師との相談を設けれるのがとても良いのですが、通院の手間と通院費用を考えると中々難しい所もあります。

特に継続が必須なAGA治療においては毎回の通院などは非常に負担となりやすく、ただでさえ安くない薬と合わせると抑えたいコストではあります。

その点個人輸入での購入は手間がかからず、また治療薬の費用もクリニックでの処方よりも安いことが多いです。

所謂箱買いのような一括購入であれば割引してくれるお店などもあり、長期での使用を視野に入れた購入であれば使っていきたい方法です。

他にもジェネリック医薬品なども豊富で、普段使いの薬を安価で購入出来ることも可能なのですので上手く利用すると、生活の掛かる費用の削減も狙えるかもしれません。

ミノキシジルタブレットに限らず状況に合わせて上手く使っていくと非常に便利な選択肢の一つだと思いますので、個人輸入代理店を是非利用してみてください。