悩めるAGA男子

ミノキシジルとは

ミノキシジルタブレット

ミノキシジルを含むAGAの治療薬には頭皮に直接する塗布する外用薬と飲んで体の内側から効果を発揮する内服薬の2つのタイプがあります。

塗り薬は発毛剤として有名なリアップがあげられます。

日本では唯一の発毛剤として認可され、その効果から人気の商品です。

内服薬ではミノキシジルタブレット(略してミノタブ)などがあり、国内では入手することはできませんが、海外医薬品の個人輸入という形で入手することができます。

海外医薬品の個人輸入?と聞くととても手間がかかるんじゃないかと考える人もいらっしゃるかと思いますが、一般的な通販サイトと変わらず、近年では誰でも簡単に利用できるようになっているので入手は難しくありません。

塗布するタイプと飲むタイプ、同じ成分でありながら、服用方法を変えるだけで効果の反映され方が変わってくるので、そこは正しい知識と理解が必要です。

多くの日本人男性の悩みとなっている髪のトラブルAGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンが原因とされています。

男性ホルモンが変換されてしまい毛根の中で作用し抜け毛に繋がります。

男性ホルモンが毛乳頭に入り込み、酵素の作用でジヒドロテストステロン(DHT)に変換され、脱毛を起こします。

脱毛を抑えるためには、原因であるジヒドロテストステロンが発生することを抑えなければならず、ジヒドロテストステロンを抑えなければ抜け毛は進行し続けます。

頭皮に直接塗り込むタイプのクスリは毛根に吸収されにくいという弱点があるので、効果があっても一時的に脱毛を抑えてくれるだけで、発毛にはつながりにくいです。

多少、副作用のリスクは高まりますが、内服薬であるミノタブの方が体内に取り込むためしっかりと毛根に作用してくれます。

血圧を下げる成分ミノキシジル

ミノキシジルは、初めは高血圧の人が血圧を下げる為に血圧降下剤として使用されていました。

血管を拡張させ、体内の血流を良くし、血圧を下げる作用があります。

当初ミノキシジルは血管拡張のための治療薬として治験が行われ、その開発過程で服用者の髪が生える作用があると発見され、二次的作用としてAGA(男性型脱毛症)にも作用することがわかり、使用されるようになりました。

実際に海外医薬品として購入する際には血圧の低下させる薬として販売されているものを買うこともできます。

血管を拡張させる効果のある成分であるため血行改善に効果があり、その効果が発毛に好影響を与えたため現在では発毛剤として扱われていますが、当然血圧関係やその他副作用も発生する可能性があるためその影響を考えて使用していかなければなりません。

人によってはその影響が色濃く出てしまう人もいるため、内服薬のような効果が強く出やすいものでは身体に合いにくいという人がいます。そういった人には塗り薬のタイプで発毛を狙うなどの使い分けができます。

塗り薬は内服薬に比べ効果は穏やかに発揮されるため副作用の出方も緩やか、もしくは発生しないなど内服薬の使用が難しい人でも扱えるようになっています。

また内服薬においても種類があり、ミノキシジルが含まれる量によって分かれています。

副作用が出にくい人ならば量の多いものを使ってより高い効果を狙ってみてもいいでしょうし、多少の副作用が出るが治療のため長く使っていくのに少量のものを選んでみるなど自分の身体に合わせたお薬を服用するのが大切です。