悩めるAGA男子

AGA治療薬利用者の体験談

AGA治療薬利用者

実際にAGA治療を始めてみたい、そのように思っている人の中には、実際に治療を行ったらどのような事になったのか、どういう症状が出たのかという事を知らないと不安で治療に踏み出せないという人もいるでしょう。

そのような人の為に、実際にAGA治療を行った3人の男性にAGA治療の体験談を答えて頂きました。

もし治療を始めたらどうなるのか不安で治療を始められない、という風に思っているのなら、これらの体験談を見て治療に対する不安を取り去りましょう。

Aさん(32歳)

なんだか髪が薄くなった気がする、と感じ始めたのは28、29歳頃でした。

この頃はとにかく仕事が忙しくて、毎日不健康な生活を送っていたので、そのせいで髪が薄くなってきたんだろうなという風に思っていました。

ですが、諸事情で仕事を辞めて、仕事をしていた時よりも健康的な生活をおくるようになった後も髪は薄くなったまま元に戻らず、逆にドンドン髪が少なくなっていったので、もしかして……と思い、一度AGAクリニックで診察を受けた所、ドクターからAGAであるという診断を受けました。

その時にプロペシアを処方されて、そこからずっと服用を行っていました。

クリニックのドクターから、服用を初めて数週間で一気に髪が抜けるけれども、その後はきちんと髪が生えてくるという風に説明されていたので、治療を初めてすぐにごっそり髪が抜けた時にも、こんなに抜けるんだと驚きこそしましたが必要以上に驚きはしませんでした。

治療を初めて半年近く経った頃には全体にうっすらと髪の毛が生えはじめて来て、1年が経った時には薄くなっていた髪もある程度元通りになり、今ではすっかり元通りの長さになるまで治療することができました。

Bさん(47歳)

最初に髪が薄くなってきた事に気がついたのは、娘からの言葉でした。

ある日娘から「なんか髪薄くなってきてない?」という風に言われたのです。

その時にはもう私も歳だから仕方ないさ、なんていう風に答えたのですが、娘からの一言がどうも気になり、ネットで薄毛の治し方について調べていたら、AGAの症状について出てきたのです。

その後、調べれば調べるほど自分の症状とAGAの症状が一致していることに気が付き、なんとかして治療できないかと調べていたら、通販でミノキシジルが購入できると知り、その後ミノキシジルを使って治療を行ってみたのです。

治療を初めて3ヶ月ほどは特に何も変わりはなかったのですが、半年程経った時からでしょうか、頭を触るとこの前よりも手に触れる髪の感触が増えたような、妙な間隔がするようになり始めたのです。

これはもしかして……という風に思い、その後も服用を続けていくと、目に見えてわかるほどに髪の量が増え始め、娘からカツラか何か買ったのか、と聞かれる程に髪が増えていったのです。

もう歳だからなんて自分で言ってはいましたが、やはり自分の髪がしっかりと生えているというのは、それだけで誇らしい気持ちになるものですね。

Cさん(28歳)

私がAGA治療を始めたのは、1年前のことです。

なんだか最近薄くなったような気がするという風に思ったまま、自分はAGAじゃないなんて自分に言い聞かせながら、特に何もしていなかったのですが、ある日鏡を見たら頭が河童ハゲに近い状態になっていて、これは間違いないと思い、急いで薬について調べ、通販でプロペシアを購入しました。

その後、プロペシアを服用していても全然症状が良くならず、どうして治療ができないのだろうか……という風に思っていたら、どうもプロペシアでは効かないようなAGAも存在している、ということが分かり、その後ザガーロを通販で買い直して服用を始めると、あっという間に髪が元に戻り始めました。

今もまだ薄く見えますが、治療を始めるまではこれよりもっと薄かったので、これから更に髪が増えていくという風に考えると、なんだか嬉しいような、もっと早く治療しておけばよかったような、なんだか不思議な気分がしますね。