悩めるAGA男子

有効成分によって効果が違う

有効成分による効果の違いを解説する医者

AGA治療薬と呼ばれる医薬品には様々な種類のものが存在しています。

そのため、治療を行う際には自分の治療スタイルや体質などを考慮した上で、自分の体に最も合っている物を使用することにより、非常に簡単に治療をすすめることができます。

ですが、初めて治療を行う人の場合は何があっているのか、どの成分がどう効くのか、といったことが分からない、という人もいるでしょう。

そのような人は、AGA治療薬を選ぶ際に重要になる有効成分について知っておきましょう。

AGA治療薬の中でもよく耳にする有効成分にミノキシジルと言うものがあります。

このミノキシジルはもともと高血圧の治療に使用されていた医薬品だったのですが、継続して服用しているとAGAの症状が治療できることが判明し、その結果AGA治療に使用されるようになりました。

そして、このミノキシジルは短期間で髪を生やすのではなく、継続して使用し、徐々に髪を生やしていく、という種類の治療薬なので、長期的な目で見て治療を行う際にこのミノキシジルは使用されます。

AGA治療を行う際に最も頻繁に使用される医薬品が、フィナステリドという物です。

このフィナステリドはAGAの原因となる男性ホルモンの発生を抑制する効果があります。

そのため、フィナステリドを使用することによってAGAの症状が進行するのを抑制することができるのです。

ですが、このフィナステリドには注意点も多数存在しています。

フィナステリドが有効な脱毛症というのは、男性ホルモンが原因で発生する症状のみとなっています。

そのためフィナステリドはAGAに限定した薄毛治療薬ということができます。

ストレスなどが原因で脱毛症を発症しているのに、AGAと思い込んでフィナステリドを使用していた場合、いくらフィナステリドを使用しても治療を行うことができません。

さらに、このフィナステリドは男性ホルモンに対して直接作用する効果があるので、副作用として性欲の減退、勃起不全の発症などがあり、さらに女性がこのフィナステリドを使用してしまうと、将来的には胎児の生殖器に異常がでる等、何かしらの影響が出ると言われている為、女性は絶対に服用してはいけないと言われています。

治療薬の有効成分は他にも多数存在しています。

なので、もしAGA治療を行う際に何を基準にして薬を選べばよいのかわからない、という風に思った時には、まずはAGA治療薬にどのような有効成分が含まれているのか、その成分にはどのような作用があり、どのような注意が必要なのかといったことを調べ、その上で使用するものを考えていくようにしましょう。