悩めるAGA男子

いくつもの進行パターンを知っておこう

AGAの種類を説明する医者

AGAは薄毛のパターンに特徴があります。

現在のところ、AGAの場合はM型、O型、U型の3つのどれかに分類されることが分かっています。

ではこの3種類はそれぞれどのような違いがあるのでしょうか。

まずはM型の症状です。

M型は西洋人によく見られるタイプです。

額の剃り込み部分が少しずつ後退していき、前から見ると前髪の部分だけが残っているような状態になります。

真上から見下ろした時に、髪の残っている部分と髪が抜けてしまった部分の境目がMの字に見えることからM字型と呼ばれています。

M字型は進行すると、抜け毛は額の剃り込みから頭頂部まで広がっていきます。

特にこめかみ周辺の髪の毛はわかりやすく薄くなっていくので、すぐに気づくでしょう。

ただ、初期の段階では前髪の部分が残った状態になっているので気づかない人が多いのです。

次に、O型です。

O型のAGAというのは頭頂部、つまり、つむじのあたりから徐々に薄毛が進行していくパターンです。

頭頂部から薄毛が進行していくので、頭の上から見下ろすとOの字のように見えるため、O型と呼ばれています。

基本的にO型のAGAは血行不良によって起こりやすいといわれています。

O型の場合は頭頂部から進行するために、初期段階から発見することは非常に難しいといえるでしょう。

ほとんどの人は、他人や家族に指摘されて初めて気づくようです。

最後に、U型です。

U型は前頭部(生え際)の髪がどんどん後退していき、そのまま放置していると頭頂部まで薄くなります。最終的には後頭部あたりと側頭部にしか髪が残っていないような状態になってしまいます。

真上から見下ろした際に、Uの字型に髪の毛が残っている状態に見えることからU型といわれています。

M型とO型が同時進行してU型のAGAになってしまった場合が厄介なのを説明する医者

U型はM型やO型が長期的に放置されることによって起こることがあります。

最初からU型の進行パターンだった場合は別ですが、M型とO型が同時進行してU型のAGAになってしまった場合、AGAの症状としては1番やっかいです。

しかしそんなことは初期の段階から分かっていなければ見抜くことができません。

特にO字型とM字型は初期の段階では気付きにくいですから、たとえ両方の症状が併発してもやはり気付きにくいと思います。

基本的には以上の3つのタイプになりますが、いずれにしても進行していることに気付かずに放置していると、髪は薄くなってしまいます。

また、U字型にみられるように、AGAの進行パターンは1つのタイプだけではなく、2つ以上のタイプが同時に発生することもあります。

これを複合型と呼びます。

できるだけ早く気づいて治療することが大事なので、薄毛が心配な方は毎日のように自分の髪の毛を確認するようにしてください。