悩めるAGA男子

クリニックではどれくらい費用が必要?

治療費について考え遠くを見つめる男性

AGAの治療をクリニックでおこなう場合、どれくらいの費用が発生してしまうのでしょうか。

AGA治療にかかる費用には個人差があるので一概にはいえませんが、一般的には少なくとも数ヶ月くらいは期間が必要だとされています。

つまり、その期間中は通院する度にお金がかかってしまうということです。

もちろん利用するクリニックによっても、かかる費用はかわります。

一般的にクリニックを使うことで発生する費用は、だいたい月に2万円〜3万円くらいが相場だといえるでしょう。

病院の皮膚科の場合は月に1万円〜2万円くらいが相場だと言われているので、費用的にはクリニックよりも安いといえます。

しかし、専門的にAGAを取り扱っているクリニックの方が、治療効果の面やメリットなどは多いといえるので、この点は経済事情と相談して考えていきましょう。

クリニックでかかる費用の金額は、どんな治療を施すのかによっても変化します。

AGAの治療には大きく分けて4種類の方法がありますので、それぞれにかかってくる費用も紹介しておきましょう。

まず一般的にはフィナステリドという成分を含む飲み薬を使うことが多いです。

その際にはプロペシアと呼ばれる名前の薬がよく処方されますが、この薬は1ヵ月分で7000円から1万円程度の費用が必要だとされています。

AGA治療の経過によって生えてきた頭髪

AGAの治療方法によっては塗り薬を使用することもあります。

ミノキシジルという成分が配合された塗り薬を処方されると思いますが、この場合は1ヵ月分で5000円から8000円くらいになります。

発毛注射をおこなう場合は、1回で1万円から4万円ほどの費用がかかってしまいます。

発毛注射はミノキシジルやフィナステリドなどの成分を直接頭皮に注入していく方法です。

そして、植毛をクリニックでおこなう場合は、髪の毛1本につき300円から1000円くらいとなっています。

植毛をするときは大体30万円以上はかかってしまうと考えておきましょう。

100本の髪と聞くと、だいぶ多いような感じもするかもしれませんが、たった100本ではなかなか薄毛を隠すことまではできません。

植毛範囲が広い人の場合はだいたい3000本ほど植毛するようです。

そうなれば単純に計算しても90万円から300万円くらいの費用が掛かると考えられます。

以上のように考えていくと、どのような治療方法にしてもなかなか費用がかかることがわかると思います。

少しでも安く済ませていきたいという場合は、ひとつひとつのクリニックを比較しながら決めるようにするといいでしょう。

保険が効かない以上、自分の目で比較してできるだけお得に利用できるところを見つけていくことが大切だと言えます。