悩めるAGA男子

AGA治療は保険の適用ができない

治療費について保険適用されるか考える男性

AGAを治療する際にはもちろんお金がかかってきます。

ただ、AGA治療は保険適用外であることが一般的です。

AGAを治療する際に使うことになる飲み薬や植毛による施術など、あらゆる治療方法に対して保険が適用されないのです。

保険適用外になってしまうということは、治療費が高額になってしまいますよね。

そのためAGA治療をしていくには、ある程度経済的な余裕がないと難しいということが言えます。

また、AGAの治療には毛髪を維持するために長期間ずっと薬を服用することになるので、最終的にかかってしまう費用はかなり大きくなってしまいます。

保険による控除があるとないでは、全く費用が変わってきます。

3回病院やクリニックに通えば、1回分の通院と同じくらいの費用が控除されるので、かなり大金だということがわかると思います。

しかし、なぜAGA治療が保険適用外になってしまうのでしょうか。

簡単にいうと、厚生労働省が認める健康保険適用の対象に、AGA治療という項目が入っておりません。

その理由のひとつに「AGAは病気ではない」ということが挙げられます。

健康保険を適用させるためには、その対象が「病気」や「怪我」である必要があります。

AGAというのは「病気」だと思っている人が多いですが、残念ながら病気だと考えられてはいないのです。

AGAは生まれ持った人間の特徴のひとつであり、「個性」や「生理的な現象」として捉えられているため、病気という扱いにすることができません。

そのため、AGA治療というのは保険適用外となってしまうのです。

美しくよみがえった頭髪

またAGA治療は「美容を目的とする治療」に分類されてしまいます。

つまり、健康保険が使えるケースはあくまでも病気や怪我を治療する際にのみになりますが、AGAは病気ではありませんし、もちろん怪我にも入りません。

AGA治療というのはいわば美容整形と同じような扱いになりますので、残念ながら保険適用外ということになります。

ただし例外として、保険が適用できるケースもあります。

たとえば、精神的な理由や他の病気によって脱毛症状が発症し、結果的にAGAになってしまったという場合は、医療費控除の対象になる可能性があるのです。

そのため、AGAという症状がどのようなプロセスで発症してしまったのかが肝心です。

また、このような理由をつける場合は必ず税務署職員から認めてもらわなければいけません。

もし、自分のAGAの症状がそれに該当するかもしれないと思ったら、税務署に行くことを忘れないようにしてください。

もしかしたらAGA治療に保険を適用させることができるかもしれません。